1. ホーム
  2. 精力剤
  3. ≫60代にオススメの精力剤

60代にオススメの精力剤

60代にオススメの精力剤

60代にもなってくると、そろそろ定年退職も真近となり、役職的にも社会的な責任がより重いプロジェクトを回されることになり、相当ストレスがたまると思います。

そういったストレスから、精力減退の兆候がより50代よりも濃厚になるのは当然の話かもしれません。しかし、性的な関心や欲望はこの年齢層の男性であっても決して失ってはいません。
(実際に私自身は60代ではありませんが、その年に近いのでよくわかります。私の職種は同時通訳という仕事で、ミスの許されない重要な会議に出席することも、年々増えるよう鬼なってきました。これが私の精力減退の原因でした。)

それと類するストレスを抱え、精力が減退し、ED(勃起不全)や中折れなどの男性機能障害に陥り、クリニックを受診されるこの年齢層の中高年の方は少なくありません。

60代は厚生労働省の定義でいえば、高齢者にカテゴライズされます。しかしながら、年をとっても気持ちの若い人も少なくないため、60代を中高年に入れて考える人も多いでしょう。今は平均寿命が長くなっていますので、60代はまだ中高年の内だと私は思っています。

60代の男性が最も精力減退に悩んでいる

ある統計によると、EDや中折れといった男性機能障害が最も頻発するのが、60代の男性だとされています。普通、70代、80代・・・・・・となるほど性機能の衰えは強くなっていくはずです。

これは心理的なものが関わっていると思われます。

▶心理的な要因による精力減退

というのも、70代、80代になれば、「性行為がどうだとか性欲もしくは性的関心なんてどうでもいい」というような仙人的な発想に人間は生理的、心理的に次第となっていくわけだからです。(歳をとるにつれて自分の遺伝情報を後世に残さなければいけないという危機意識は薄くなっていくものです。)

しかしながら、60代では、まだ性的関心を失っておらず、会社で若い女性と接する機会もあるため、中折れやEDのような精力減退の症状に深い悩みを抱えている場合は当然多くなります。

「自分にはまだ、性的な機会が十分にあることを自認しているからこその悩み」というわけの話です。

60代にオススメできる精力剤のタイプ

極めて強力な効果の期待できる精力増強剤

他のページでも書きましたが、年齢が上がれば上がるほど、精力剤も強力なものが必要になってきます。50歳から10歳あがり、60代になれば、その10歳分の加齢がありますから、精力は当然衰えてきているのは確かです。

性力が弱った人ほど、精力剤も強力なタイプのモノを用いなければ効果はまず期待できません。(このことについては他のページにおいても説明してあります。)

よく「巷の精力剤サプリメントを買ったが、効果がなかった」という話が、ネット上にまことしやかにささやかれたりしていますが、それは、それらの製品が値段が高いわりに、精力増強成分の含有量が極めて少ないことから起因される現象だと推定できます。

精力強化成分もある一定量以上を飲まないとその効果を発揮しないからです。

そのため、より加齢の進んだ60代の方の場合、強力な精力剤を選定していく必要があるわけです。

▶亜鉛、アルギニン、シトルリン+αの総合サプリ

亜鉛、アルギニン、シトルリンは必須ですが、このほかの成分にも注目する必要が60代の人にはでてきます。それはクラチャイダム、トンカットアリ、スッポンエキス、マカ、高麗人参などといった精力剤です。

これらの成分がさらに亜鉛、アルギニン、シトルリンに+(プラス)されている製品が、かなりおススメできます。

しかし、注意点があります。
それを今から下に書きます。

▶良くない選び方の例:

良くない選び方のひとつは、すべての精力増強成分がすべてが、まんべんなく中途半端に含有されてる製品を購入することです。他の項で説明したことなのですが、たとえば、アルギニンであれば3000~6000mgはEDや中折れなどのペニスの機能障害に必要です。

そこで、すべての精力増強成分がふんだんに含まれているといいながら、製品のアルギニン含有量を調べてみると1カプセルに500mgのアルギニンしか含まれていないということも多いのです。

そして、アルギニンだけではなく、他のさまざまな精力増強成分が中途半端に分散して含まれている製品を選ぶと、値段が高価な割には、大きな効果は期待できなくなります。

昔の故事に、「二兎を追う者は一兎をも得ず」というものがありますが、これは60代の精力剤選びにも言える話※になります。
(60代に限った話ではなく、すべての年齢層に言える話ではありますが、より深刻な精力減退を示しがちな60代の方にはかなり重要な教訓になる言葉です。)

▶良い選び方の例:

中途半端に様々な成分が含まれている精力剤よりも、何か1つか2つの精力増強成分が高容量で含まれており、それにプラスしてたとえばクラチャイダムだとかマカだとか、トンカットアリといった精力増強、強精剤が含まれている製品を選択することが、最も賢明でスマートな選択法になります。

60代にお勧めできる精力剤サプリメントは、亜鉛、アルギニン、シトルリン(※ここでは3種の精力増強成分と呼びます)が高容量で含まれており、そこにプラスして、クラチャイダムやスッポンエキスのような増強成分が含まれているような製品です。

これが60代の男性にことにおススメできる精力剤です。

特化型(※3種の精力剤)+総合型(滋養強壮、強精剤)を含む製品

必須の精力増強成分を高容量で含みつつ、他の精をつける成分を含む総合サプリメントです。

中途半端な総合型精力剤を飲むのであれば、強力な特化型の精力剤を飲んだ方がより大きな効果が期待できます。特化型の精力剤とは亜鉛だったら亜鉛が高容量、アルギニンだったら、アルギニンが高容量で含まれている製品を指します。

中高年の後期段階に入る60代の男性の性生活をより華やかなものに、充実したモノに、そして、若かりし頃の自信を復活させるためにも、このような精力剤の選定方法は極めて大切なことになるわけです。

総合型のオススメ精力剤

バイオレットドラゴン

L-アルギニン:2000mg(精力増強成分)
L-シトルリン:800mg(アルギニンと相互増強作用を引き起こす)
亜鉛:15mg(男性ホルモンレベルを増強させる、通称「性ミネラル」)
クエン酸:1050mg(L-アルギニン、シトルリン、亜鉛の吸収効率を上昇させる)
L-オルニチン:100mg(L-アルギニンの生体内活用を増強させる)
クラチャイダム:150mg(天然の精力増強剤)
レスベラトール:100mg(強力な抗酸化物質でクエン酸とともにアンチエイジング効果を示す)

この製品を私がおススメする理由は、一日分の用量で、Lアルギニンが2000mgそれからシトルリンが800mg、その上、亜鉛が15mg含まれているからです。通常、アルギニンだけに特化した製品がありますが、その場合、シトルリンはほとんど含まれていることは少なく、含まれていても、かなりの少量である場合が少なくありません。

しかしながら、この製品は、シトルリンも800mgと豊富に含有しているので、Lアルギニンの効果を存分に引き出すことに成功しているといえるでしょう。さらには、性ミネラルとして名高い亜鉛も15mg含まれており、さらにLアルギニン、シトルリン、亜鉛の吸収効率を高めるために、クエン酸も追加されているので、総合型の精力剤として私はおすすめします。

この製品のポイントは、L-アルギニンよりもL-シトルリンの配合含有量にあるといえます。L-アルギニンは2000mgと下記に述べる特化型の精力剤と比べると、含有量が若干少ないですが、その代わり、L-シトルリンの配合量は800mg(下記製品の4倍)と非常に多い含有量を示しています。

この配合であれば、十分な精力剤サプリメントとして機能するといえます。

料金は30日分で初回4900円(税抜き、送料無料、長期返金保証付き)です。

バイオレットドラゴンの詳細はこちら

このような理由から、この製品を総合型の精力剤として私は推奨できます。あれもこれも精力増強サプリを飲むのがめんどくさいと感じる方は、この製品を手に取られてみてはいかがでしょうか?パウダーのもの錠剤のモノ、選択することができます。

総合型のモノとしてオススメです。

特化型のオススメ精力剤

私がオススメする特化型の精力剤にアルギニン5000+という製品があります。

アルギニン5000+

アルギニン5000+はその名の通り、1パックに5000mgものアルギニンを含んでいます。また、アルギニンの効果を最大限引き出すためにシトルリン(200mg)、ビタミンC(485㎎)、B群、脂溶性ビタミンを含ませることにも成功しています。(この配合法の背景にはノーベル賞受賞者のLouis J. Ignarroの話を参考に開発したという裏話があります。)

これだけアルギニンが豊富に含まれている製品は国内では、まず存在せず、他のページでも書いていますが、精力を増強させる目的でいわゆる精力剤として使用する場合、医学書や専門家の話では3000mg程度は必要であると実際に書かれています。

特化型の精力剤として試される価値は十二分にあるでしょう。

過去の私のような中高年の精力減退はこれくらい強力なものでなければどうにかなる問題ではないと思っています。
アルギニン5000+は、粉末を水に溶いてジュースという形で飲むもので、もし量が多過ぎると感じるのであれば、微調整可能なのも利点です。
アルギニン5000+の詳細はこちら

他にも、おすすめできる製品があります。
それは、

紅参タブレットという製品も同様に非常におススメです。

紅参タブレット

こちらの製品は、高麗人参の本場韓国の国内最大手メーカーが生産しているもので、アルギニンやシトルリン、亜鉛は含んではいないのですが、「ほとんど治療レベルといっても過言ではないほどに十分な高麗人参が含まれて」います。

海外の自然医が参照する医学文献には、高麗人参(学名:Panax Ginseng)は、1回900㎎はとらないと精力剤としての効果はないと書かれていますが、この製品には、一錠につき500mgもの高麗人参が含有されています。(メーカーの規定する用法・用量には一回2~6錠と記載されているので、この規定を余裕でクリアしているといえるわけです。)

ある研究によると、朝鮮人参には、テストステロンレベル上昇と性パフォーマンス向上を認められたという報告も存在します。この製品は、アルギニンやシトルリンのサプリメントで効果を実感できなかった人や体に合わなかったという人に特に向いていると思います。

そもそも朝鮮人参はハーブの王様と呼ばれ、古(いにしえ)より、精力剤や滋養強壮剤として用いられてきました。[4]


紅参タブレットの詳細はこちら

どうりで精力剤として効くわけでした。エナジードリンクに含まれている分量とはわけが違うわけで、一錠500㎎というのは相当な分量です。

実際に飲んでみましたが、精力増強はもちろんのこと、頭のキレが良くなり、端的な認知機能強化の効果までも実感しました。頭の回転を速くしたり、元気をだしたりするのに有名で人気の高い海外エナジードリンクには高麗人参が必ずといっていいほど含まれています。
このように、高容量の高麗人参が含まれているので、中高年向けの精力剤として私には十二分に効果が発揮されました。

正直、かなり意外でした。(実際は当然のことなのですが、無知とは怖いものです・・・。)

アルギニン系以外の精力剤サプリメントでここまで効果を実感したのは、はじめてです。しかも、初回特別価格ということで2960円(税込み)で申し込みできます。
紅参タブレットの詳細はこちら


↑エナジードリンクにはどの製品にもほぼ確実にアルギニン、シトルリン、高麗人参は含まれている。

●総合型を試されたい方は、バイオレットドラゴン。
●特化型を試されたい方は、アルギニン5000+。
●アルギニン経路以外からの精力増強を求める方は、紅参タブレット。

バイオレットドラゴンの詳細はこちら アルギニン5000+の詳細はこちら 紅参タブレットの詳細はこちら

このような形式で飲まれていくことをおすすめします。

精力剤に関する情報は他ページにもありますので、そちらも参照されるとさらに良いかと思います。
(参考:)
中高年にオススメの精力剤
中高年が精力剤で効果を出す秘訣
精力剤の体験談(まとめ)

お役に立てたらシェアをお願いします!

error: Alert: Content is protected !!