1. ホーム
  2. 精力剤
  3. ≫精力剤の体験談(まとめ)

精力剤の体験談(まとめ)

中高年の精力剤の体験談(まとめ)

私(中高年)の精力剤の体験談を中心にこのページに詳しくまとめていきます。巷では効果があまりない精力剤が盛んに喧伝(けんでん)され売られているような印象を受けますが、効果の高いものだけに絞って当サイトでは紹介します。

以下、私の体験談です。

私の精力剤体験談

ペニスの膨張度があがり、ギンギンになる

中高年の私は精力剤を飲むようになってから、性欲が非常に高まり、ペニスが勃起すると、かなりギンギンになりました。

膨張度が以前と比較すると、半端ではなく、性のスタミナ(性力)も強化され、一日に何回でも女性と交わることができるようになったというのが素直な実感です。(それと並行する形で、性欲も非常に高まっています。)

以前の私は睡眠薬や抗不安薬を頓服してきたせいか、加齢に基づくものなのか精力減退および性欲低下に悩まされていました。(おそらく原因は両者ともに、だと思います。)

しかし、精力剤を飲むことで、勃起時のペニスの膨張度、そして性欲も大きく高まりました。

精子が濃くなる

また、精力剤を飲むことによって、精子(精液)の量が明らかに増えました。ティッシュで以前のように自慰行為をすると、「ドバッ!」と放出するのでティッシュが射精の勢いで破れてしまうようになりました。

丁度、「血気盛んだった若いころのように」、です。

また、私の妻(もともと性欲のかなり強いラテン系外国人です)の話では、精子がかなり濃いそうです。一回の射精量も増えているので自分でもわかります。精子の増産速度が増えているのが手に取るように分かるわけです。

性力増強以外の効果

こうも変わったのは、アルギニンやシトルリン、亜鉛、高麗人参といった精力増強成分がふんだんに含まれている精力剤を飲んでいることが効いているのだと思いました。また、その他にも「滋養強壮効果も当然でており、日々の生活で、かなり疲れづらくなった」という実感も同時にあります。

たとえば、かなりハードな筋トレをしても、筋肉痛があまり起きなくなり(以前は、筋トレの翌日は、ほとんど動けなくなるほどの筋肉痛に悩まされたものですが、それが相当に軽減されるようになった感じが、かなりします。)、また、日々の仕事にも疲れをあまり感じなくなりました。

私は同時通訳が職種なのですが、会社に雇われているいわばサラリーマンです。

精力剤を飲む以前は、帰宅するとグッタリして、なにもやる気が起きない日々が続いていました。
要するに精力減退それから軽いうつ状態だったのだと思います。

しかし、精力剤を飲む習慣をつけてから、より容易に疲労が解消され、消沈していたやる気、意欲までも向上するようになりました。

私は、海外在住で普段は欧米式の食事ばかりなので、特定の栄養素が過度に欠乏していたのだと思います。(特に亜鉛のようなミネラルです。)

精が格段とついた

また、精力剤を飲むようになってから、明らかに性欲、性力がともに強くなり、筋トレをしても筋肉がつきやすくなり、同時に、日々の生活からくる疲労度も減少し、心身共に爽快な状態になりました。

精力剤を飲む以前と何も生活習慣は変えていないので、明らかに精力剤の効果としか考えられません。

以前は、精力減退に悩まされ、綺麗な女性を見ても、何も興奮しない性的にも肉体的にも無気力な状態に陥っていました。(海外にいるので、街に行けば日本人の芸能人以上に綺麗な女性はいくらでも出会います。)

主には、加齢によるものだと思っています。
(もっとも、加齢だけではなく抗不安薬の頓服の副作用が原因の場合も考えられます。)

ですが、精力剤サプリを飲むようになって、「若かりし頃のあの感覚を取り戻した」というのが素直な実感です。いつでも準備OKという感じです。
また、精力剤を飲むようになってから、中高年に差し掛かり、忘れかけていた妻の美人さや性的な魅力に再度気づかされるようにもなりました。新婚時代(ハネムーン)を思い出すような実感を受ける今日この頃です。

これが私の精力剤のリアルな体験談です。
ちなみに、言っておくのですが、誇張やポジショントークは一切含めてありません。

以下、私の妻の体験談を記載します。

私の妻の精力剤体験談

妻はラテン系(元コロンビア人)です。もともと白人は性欲が強く、私へも中高年域(女性の場合は更年期とよく言うと思います)に達しても、「毎日ベットリ」という感じだったのですが(若いころからずっとです)、それがさらに増強されたそうです。
(明らかに違います。ヤバいです。)

休日や祝日などは、一日に何回でも抱いてほしいそうです。

よく濡れるようになる

実際に、何度も求められます。(昔からそうでしたが、頻度がさらに増したような感覚です。)

また、彼女は精力剤を飲むようになってから、若いころのように締りが非常によくなり、よく濡れるようになりました。以前は、ローションをたまに使用していたこともあったのですが、よく濡れるようになったので、その必要性はほとんどなくなりました。また、彼女は性的に興奮すると、女性のペニスといわれる陰核が前よりも明白に肥大し、以前に増して「よく感じるようになった」といっています。

(精力剤を飲むことで、中高年の女性でも男性ホルモンレベルが正常域に上がっていったのだと思います。)大きく、そして固く勃起する力が増し、性的な感度も上昇したわけです。

話を再び男の私に戻します。

底なしの性欲と精力

私自身、妻に何回も性行為を求められるので、精力剤なしでは、実際問題、枯渇したミイラのようになってしまう(った)と思います。以前は正直、夜のお勤めは苦痛以外の何物でもありませんでした。

毎晩毎晩、執拗(しつよう)に求められるので、会社帰りでぐったりして、もう夕飯を食べて寝たいのに、妻がエナジーをドラキュラのように吸いにやってきていました。

過去の私の日常的性生活

そして、毎晩毎晩無理やり、「精を放出する」という愚行が毎日のように続き、日々日々、ぐったり、ゲッソリした感じで、サラリーマン生活を続けていました。
正直、死にに行くような毎日のようなものです。
(女性は入れられるだけで、エナジーを放出するわけではないので、そういう面においては男性は辛いところですね。)


しかしながら、そのような私でも、精力剤を飲むようになってから、精子の増産速度自体が非常に強化され高まっているせいか、何回射精しても、問題のない強靭な肉体になりました。

数時間でも性行為を持続することが可能なある意味、以前の私の状態を考えると異常ともいえるような状態になっています。(さすがに毎日3回とかそういう次元ではありませんが・・・・・・)

精力剤を飲むようになってからいっそうモテるようになった

また、精力増強剤を飲むようになってから、明らかにまわりの女性にモテるようになりました。

男性ホルモン(テストステロンレベル)が上昇すると、自然と女性は寄ってくるという研究報告が学術論文として国際論文サイトに既に発表されているので、日本人だけでなく世界中の人がこの話は理解されると思いますが、人間も所詮(しょせん)、動物ですので、性ホルモンレベルの高い個体が異性には魅力的に映るのだと思います。
(http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/2964139/Men-with-high-testosterone-attracted-to-women-with-feminine-faces.html)

性ホルモンレベルの高い個体はブサイクでもモテる理由

私は海外で生活しているのですが、外国人女性に普通にモテるようになったわけです。(身長は173cmと海外では小柄な方で、冴えないただの中年のオッサンです。)

海外とくに白人の国にいるアジア人はどんどん精力剤を飲んで、肉体的にも精力的にも、たくましくなった方がいいと思います。もともと外国人男性は体がでかい上、精力剤や筋肉増強のサプリメントを飲んでいる人が非常に多いです。

それに対抗するためには、アジア人男性もこの種のサプリメントをどんどん飲み、筋トレをしてテストステロン(男性ホルモン)レベルを上げないと、とても対抗できるわけがありません。

コラム:精力剤に併せて筋トレもやると格段と良い

私の精力剤の体験談をここまで記してきましたが、私の場合、効果の高い精力剤を飲むの共に、筋トレを週3、4回行ってきたのが効いたのだと思います。実際、筋トレをすると男性(テストステロン)ホルモンレベルが大幅に上昇します。

中高年の齢(よわい)に達して、加齢に基づく精力減退を実感はしてはいましたが、筋トレをする日は不思議と、性生活でも、勃起も膨張度も精力も高まっていました。そして、そこに「強力な精力剤を追加したのが非常に効果があったのだ」と実感する今日この頃です。

以上、私の精力剤の体験談ですが、おススメのサプリメントはこちらのものです。

オススメの精力増強サプリメント【強力版】

総合型のオススメ精力剤

バイオレットドラゴン

L-アルギニン:2000mg(精力増強成分)
L-シトルリン:800mg(アルギニンと相互増強作用を引き起こす)
亜鉛:15mg(男性ホルモンレベルを増強させる、通称「性ミネラル」)
クエン酸:1050mg(L-アルギニン、シトルリン、亜鉛の吸収効率を上昇させる)
L-オルニチン:100mg(L-アルギニンの生体内活用を増強させる)
レスベラトール:100mg(強力な抗酸化物質でクエン酸とともにアンチエイジング効果を示す)
※1包みあたり(1回)

この製品を私がおススメする理由は、一日分の用量で、Lアルギニンが2000mgそれからシトルリンが800mg、その上、亜鉛が15mg含まれているからです。通常、アルギニンだけに特化した製品がありますが、その場合、シトルリンはほとんど含まれていることは少なく、含まれていても、かなりの少量である場合が少なくありません。

しかしながら、この製品は、シトルリンも800mgと豊富に含有しているので、Lアルギニンの効果を存分に引き出すことに成功しているといえるでしょう。さらには、性ミネラルとして名高い亜鉛も15mg含まれており、さらにLアルギニン、シトルリン、亜鉛の吸収効率を高めるために、クエン酸も追加されているので、総合型の精力剤として私はおすすめします。

この製品の大切なポイントは、L-アルギニンよりもL-シトルリンの配合含有量にあるといえます。L-アルギニンは2000mgと下記に述べる特化型の精力剤と比べると、含有量が若干少ないですが、その代わり、L-シトルリンの配合量は800mg(4倍)と非常に多い含有量を示しています。この配合であれば、十分な精力剤サプリメントとして機能するといえます。

初回の価格は4900円(税抜き)とお求めやすい料金帯であるという点も売りです。(送料無料、プライバシーの保護(梱包内容がご家族にバレる心配なし))
さらに、90日間の長期返金保証もついています。

バイオレットドラゴンの詳細はこちら

このような理由から、この製品を総合型の精力剤として私は推奨します。あれもこれも精力増強サプリを飲むのがめんどくさいと感じる方は、この製品を手に取られてみてはいかがでしょうか?

バイオレットドラゴンは、総合型精力剤で、豊富なアルギニン、シトルリン、亜鉛を含むため、実質アルギニンの生体内活用はかなり増強されることが期待できます。今までこのような製品は拝見したことはなかったので、今回追記として紹介させていただきました。

バイオレットドラゴンの詳細はこちら

アルギニン5000+

これは普通に効きます。何故かというと、アルギンニンが5000mgも含まれているからです。普通の精力剤のサプリメントは、アルギニン含有量が1000mg以下のモノがほとんどです。
ところがアルギニン5000+はアルギニンが5000mgも含んでいます。

実際に医学書や海外の医師の上梓した文献を読んでみますと、アルギニンをED(インポテンツ)や性力強化に用いる場合、1回3000~5000mgは必要だとされています。

この製品は5000mgも含有されているので、精力剤として素直に、オススメすることができます。アルギニンの他に、シトルリン(200mg)、ビタミンC(485mg)、ビタミンB群各種、脂溶性ビタミンを含み、最大限、アルギニンの効果を引き出すための配合を、ノーベル賞受賞者Louis J. Ignarroの話を参考の元、製品化したといいます。パウダーで水に溶かしてジュースとして飲むことができるというのも大きな魅力の一つです。アルギニンが多過ぎると感じる場合は、ご自身で分量の調整が自由自在にできるからです。
アルギニン5000+の詳細はこちら

しかし、この他にも良い製品もあります。

紅参タブレット

この製品は、高麗人参が1タブレットにつき500mgも含まれており、メーカーの規定にい従えば、男性機能の治療効果に十分であるといっても過言ではないほどの効果を見込むことができるはずです。自然医が参考にする医学文献には一回900㎎以上飲むべきであると書かれています。
そもそも、エナジードリンクには必ず高麗人参が含まれています。精力増強、滋養強壮効果があるからで、加齢によって低下したテストステロンレベルを上昇させることも科学的研究によって既に報告され、世界中の中高年の男性に限らず、日々鍛錬に明け暮れるアスリートやボディービルダーにも愛用されています。
紅参タブレットの詳細はこちら

この製品のさらなるポイントは、その効果の高さのみならず、そこまで巷の精力剤にありがちな高価な値段ではないということも含まれます。初回は2960円で、3回の注文までかなり割引されるので、お試しにもちょうどいいと思います。また、割引期間が終了しても、他の中高年用の精力剤と比較すると、かなりリーズナブルな価格設定であるというところがお財布にも、とてもやさしいです。


紅参タブレットの詳細はこちら

このように、精力剤サプリメントには総合型と特化型の2種が主に存在しています。色々試行錯誤され、試されてみると、精力減退は克服できるはずです。

●総合型を試されたい方は、バイオレットドラゴン。
●特化型を試されたい方は、アルギニン5000+。
●アルギニン経路以外からの精力増強を求める方は、紅参タブレット。

バイオレットドラゴンの詳細はこちら アルギニン5000+の詳細はこちら 紅参タブレットの詳細はこちら

私が効果を実感するまでにかかった期間

私が精力剤を飲むようになってその効果を実感するまでにかかった期間は数週間~1か月程度です。もともと私は海外在住の中高年で、ストレス過多状態に陥っており、前述したとおり、メンタル系の薬※も飲んでいました。(※精神安定剤の類です)

そういった経緯から、精力増強効果が出るまでの期間が、普通の人よりも余計に時間がかかったのだと思います。

これは私の率直な実感なのですが、効果の高い精力剤を飲むことだけでなく、筋トレを習慣化していることも効いていたのだと感じます。精力剤だけを飲んでいたら、精力減退が改善されるまで、さらに多くの期間を要したと推測しています。

中高年が精力減退を克服するエッセンス(結論)

結論から言うと、精力剤+筋トレのメニューが、中高年における精力の回復に最も有効なわけです。
サプリメントだけでどうにかしようとするのではなく筋トレも併用させることで著しい効果が現れるわけです。

要約すれば、「効果の強力な精力剤を飲みつつ」、しかも「筋トレもする」という考え方です。私の体験談なのですが、サプリメントや薬だけで飲んでも、完全な効果は発揮されません。これはいくら強力な製品を用いても、ということです。
(参考:)
中高年が精力剤で効果を出す秘訣

まとめ

以上、私の精力剤の体験談でしたが、中高年の方の場合、より強力な製品を選ぶことが重要です。効果が高いと喧伝されている製品のいくつかを私は試したことがありますが、ほとんど効果を実感したことはありませんでした。

精力剤で、既に加齢してしまった中高年が大きな効果を出すには、なるべく高容量の強力な製品を選定し、きちんと運動の習慣もつけることがポイントだと思っています。

中高年にオススメの精力剤 (←ホームへ戻る)

(参照:)
http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/2964139/Men-with-high-testosterone-attracted-to-women-with-feminine-faces.html
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3223653/
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1635527/
http://consumerhealthchoices.org/report/tratamiento-para-los-problemas-de-ereccion/
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3992451/
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2796409

お役に立てたらシェアをお願いします!

error: Alert: Content is protected !!